勝っている投資家と負けている投資家の思考回路の違い

株式投資







勝っている投資家と負けている投資家の思考回路の違いについて記述します。

株式投資を始めたばかりの頃は、すぐにポジションをとってしまう衝動にかられたことがある方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、勝つ投資家と負ける投資家を対比させて考えてみることにします。

なぜ株式投資で負けるのか

株式投資では9割りが負けているという話もありますが、どうして負けてしまうのかについて考えてみたいと思います。

負けている人がポジションを取るる際(株を購入する際)には以下のような思考回路があるのではないでしょうか。

  • チャートを見た瞬間に買いポジションをとってしまう、、
  • まだ買いたい位置では無いけど、上がってしまったら買えなくなるから買っておこう、、
  • ここまで上がってきてた、この先も上がるだろうから買っておこう、、

など、株式投資を始めたばかり場合、最善の位置で買うことの意識が足りない傾向が多く見られます。

上に挙げた思考回路に共通する点は、どれもチャートをみたタイミングですぐにポジションをとってしまっているという点です。

マーケットのタイミングに合わせるのではなく、自分のタイミングで買ってしまっているので、有利な位置で株を購入することがどうしてもできなくなってしまいます。

すると、ちょっと価格が下がっただけで含み損になり、損切りせざるを得ない状況に追い込まれます。

結果として、損切りするか含み損を抱えてしまうかの2択を迫られ、株式投資を始めたばかりだとなかなか利益が残らないという状況に陥ってしまうパターンが多いのではないでしょうか。

私も最初のころはとにかく何かしらの株を持っていないと気が済まないという状態が続きました。

これを「ポジポジ病」と株式クラスタの中では言われていますが、とにかくポジションを持っていないと気が済まないという初心者が多いことも事実です。

負けのポジションを減らすことで利益を伸ばす

株は上がるか下がるかを当てるゲームであり、基本的には50%の確率で上下に動きます。

ランダムに買いと売りを繰り返していた場合、手数料や経済成長は無視して考えると利益と損とが相殺され、基本的には損益が0になるようになっているはずです。

つまり、ランダムの売りと買いとを繰り返すと、半分の玉は利益、半分の玉は損という状況になり理論的にはトータルで0になるようになっています。

シンプルに考えると、半分は勝っている訳なので、残りの負けの回数を減らすこで、トータルで勝つことができるようになります。

このように、勝つためには、負けている取引を削り取っていくという視点を持つと利益が残りやすくなります。

プロ株式ディーラーの発言からの学びを得る

株式ディーラーのBコミさんのツイッターでの発言からも学びを得られる内容でしたので紹介します。

このBコミさんのツイートの言葉には大きなヒントが隠されていると思います。

  • 「欲しいところまで下がってこなかった」
  • 「欲しい水準まで来れば買う」

勝っている投資家と負けている投資家の思考回路の違い

勝っている投資家はがむしゃらにポジションを持たず、

「株価が欲しいところに落ちてくるまで待つ。」

「株価が落ちて来なければ買わない。」

という思考回路を持っています。

一方で、先に示したポジポジ病の投資家は、

「見たタイミングでいつでも買ってしまう。」

という思考回路を持っている傾向があります。

この勝っている人の思考と負けている人の思考とには対照的な考え方があることに気づけるかと思います。

つまり、勝っている人は損を出してしまう無駄なポジションを減らすために狙ったところでしか買いを入れないというマインドを徹底している傾向があると思います。

株式投資で利益が出せていない場合は、どのタイミングポジションをとっているかを改めて考えてみると新たな気づきがあるかもしれません。