含み益スタートで株式投資を行うための3ステップ【短期投資】

株式投資







株式投資を行う上で、含み損は極力避けたいと誰しもが考えていると思います。

そこで、今回は含み損の時間を極力排除し、株を購入した瞬間から含み益を得るポイントを3つご紹介します。

1:投資家が絶望して急落する株を探す(短期投資)

含み損の時間を極力少なくし、株式を購入した瞬間から含み益となる状態を作り出すには、とにかく急落している銘柄を買うことが重要です。

これはかなりスパンの短い短期投資になるので、中長期目線の投資家の方には当てはまりません。イメージとしては、デイトレ〜数日の範囲になります。

株価は急落すれば反発する

この投資方法は、株価は急落すると、短期的にはいつか必ず反発するという特性を利用したものになります。

つまり、急落しきった場所をピンポイントで買うことができれば、含み益からスタートすることができるようになり、期待値としてはプラスのディールを行うことが可能となります。

私はど短期のスキャルピングが得意なので、このように投資家が絶望して急落している株が反発する瞬間を見極めてど短期で購入します。

2:板と歩値をチェックする

急落する銘柄を見つけたら、まず板と歩値をチェックします。

急落する中で、下値にぶつけてくる売りが減ってきたり、出来高が細ってきていたりと下げ止まる気配を見つけ出します。

これは板と歩値をみていれば雰囲気が変わってくるのがわかるので、その変わってくるポイントを見つけ出します。

急落銘柄は投資家の絶望を買う

また、急落銘柄を買うということは、投資家の絶望を買うということになります。基本的には急落は損切りを巻き込んでいるので、その損切りしている人の気持ちになり買うポイントを探し当てます。

例えば、「高値からここまで落ちてきているから、もう絶望状態で損切りが出尽くしているかな」「もう売り玉は降ってこないかな」という具合に、損切りが出尽くすポイントを探します。

まだ売りが降ってくる場合はさらに下落が続くので、ここでのポイントは損切りの出尽くしを探ることになります。

そのポイントで株を買い占めればリスクリターンが非常に良い位置で株を買うことが可能となります。

仕手筋が入っている貸借銘柄の場合は、空売りができるので、損切り以外にも空売りが降ってくる場合があります。

しかし、その売りもいつかは途絶えるので、その途絶えた瞬間を買うことができれば、空売りの買い戻しととともに大きな反発を取ることができるようになります。

3:損切りを徹底する

ここでもっとも重要となるのが損切りです。

トレードが上手い人は例外なく損切りが上手い傾向があります。損切りができないと、コツコツと蓄積してきた利益を一発で吹き飛ばしてしまったり、地震などの外的要因によるショック相場の際に資産の大半を失うということになりかねません。

したがって、急落してくる銘柄を買う場合は、ここまで下げたら損切りをするというポイントを確実に設定する必要があります。

損小利大を徹底する

また、損小利大を徹底することで、期待値の高いトレードが可能となります。

いくら大きな利益を一回の取引でできたとしても、それと同程度の大きな損失を出してしまっては利益は残りません。

株式投資も会社経営と同じで、利益を残すには原価や経費(損失)を減らす必要があります。

イメージとしては、会社経営の売り上げ=株式投資の勝ちの利益、原価や経費=株式投資の損失と考えると、会社経営でも株式投資でも残る利益はその差額になります。

したがって、コストとなる部分の損失を極力小さくし、利益を大きくするという損小利大を徹底することがトレードにてトータルで勝ち越すための秘訣であると思います。