逆日歩を利用した信用買いのエントリーポイント/スイング投資

株式投資







逆日歩が発生し、需給が締まっている銘柄はスイング投資に向いています。

今回は逆日歩を利用した信用取引買いのエントリーポイントをご紹介します。

逆日歩発生による買い戻しを狙う

スイング投資を行うには逆日歩が発生し、需給が締まっている銘柄が利益を得られやすい傾向があります。

例えば、空売りが非常に多く入っており、逆日歩が発生している状態などがこれに当たります。

逆日歩とは

ここで逆日歩とは、空売りをするためのレンタル料です。

空売りをする場合、通常はこの費用はかかりませんが、空売りをする投資家が多く集中した場合などに発生する傾向があります。

空売りは株を借りてきて、先に売り後から買い戻すわけですが、この売りが殺到することで株が不足します。

株が不足するとオークション形式で値段が決まるため、レンタル料が釣り上がります。このレンタル料が逆日歩です。

逆日歩が発生すると買い戻しされやすくなる

逆日歩が発生すると、空売り勢は空売りを持ち続けるために証券会社に手数料を支払わなければいけなくなります。

すると、空売りをしている投資家達は手数料に負けて長い間売りをし続けてることができなくなり、やがて買い戻しを行います。

ここが絶好のエントリーポイントです。

空売りの買い戻しが始まると、通常の買い玉が入ってくるのと同じ状態となるため、当然株価は上がります。

株価が上がると、他の空売りをしている投資家の含み益が減る、または含み損が増えるのでやがてその空売りの投資家達も買い戻しを始めます。

この連鎖が始まると株価は急激に上昇軌道に乗ります。

したがって、逆日歩がついている銘柄にて、この連鎖がおこる少し前にエントリーすることで、スイングで大きな上昇を取ることができるようになります。

おまけに制度信用取引で日歩がもらえる

さらに場合によっては、日歩がもらえる可能性もあります。

どういうことかというと、売り方に徴収した逆日歩を制度信用の買いを行うことによって、受け取ることができる可能性があるということです。

ここで、日歩を受け取るには現物の買いではなく、信用取引での買いの必要があります。

キャピタルゲインが得られて、さらに、日歩がもらえれば一石二鳥の投資となりますのでぜひ試してみてください。

リアルタイムな逆日歩が発生している銘柄はこちらで確認することができます。

「逆日歩 ランキング」検索結果

貸借倍率も合わせてチェック

合わせて確認したいのが、貸借倍率です。

貸借倍率とは

貸借倍率とは、信用取引の買いと売りの状況を表した指標になります。

式で表すと以下となります。

貸借倍率

=信用買い残高/信用売り残高

信用買いが分子、信用売りが分母にくる数値となるため、買いが多ければ貸借倍率は1を超え大きくなってゆきます。

逆に空売りが多ければ貸借倍率は1よりも小さくなり、売りが多ければ多いほど0へと近づいた数値になります。

貸借倍率1以下は空売りが多い

上記でも示したように、貸借倍率が1を大きく下回る銘柄は、空売りが信用買いよりも多いということなので、合わせてこの数値も確認することをお勧めします。

空売り目線の場合は、少なくとも対策倍率が1より大きい銘柄を選ぶべきです。

対策倍率が1を大きく下回っている銘柄は空売りは避けることをお勧めします。理由は、買いが入り始めると、買い戻しの逆回転が始まり、株価が大きく上昇し損失を被ってしまうからです。

この仕組みを利用したエントリーが、今回紹介した逆日歩を利用した信用買いのエントリーポイントになります。

ぜひ試してみてください。