株式購入の際の3つの投資テクニック【株式投資初心者向け】

株式投資







株式投資を始めたばかりの方向けに記述します。

今回は株式取得の際、つまり、株を買うときのちょっとしたテクニックを3つご紹介します。

3つの投資テクニック内容は以下です。

  1. 取得単価が下がるように3回に分けて買う
  2. 成行は極力使わない
  3. 1回目の損切りラインで直ぐに切らない

順番に見ていきます。

1:取得単価が下がるように3回に分けて買う

まず一つ目は取得単価が下がるように3回に分けて買うという方法です。

銘柄分析を行う中で、良い銘柄を見つけると直ぐに買いたくなってしまい、結果として高値を摑まされてしまって含み損を抱えてしまうという経験は無いでしょうか。

どんな良い銘柄でも、購入のタイミングを誤ると一定期間含み損となってしまいます。

買おうと思ったその時の銘柄のチャートのタイミングがよければ全く問題がないのですが、必ずしも買おうと思った時が最適な購入タイミングとは限りません。

むしろほとんどの場合は最適な購入タイミングではなく、リスクリワードが悪いタイミングとなっている場合が多いです。

リスクリワードの良いタイミングは本当に一瞬しかありません。その一瞬で買いを入れられるかが勝敗を分けると私は思っています。

ただ、その一瞬を一発で当てるのは相当難しいです。

板情報や歩ね情報、チャートの形やファンダメンタルズを全て見てもなかなか一発で含み益スタートはできるものではありません。

そこで、購入の時間軸と購入の価格を3回にずらして買う方法がお勧めです。

まずは時間軸をずらす

基本的には時間軸をずらせば価格もずれるので、まずは時間軸をずらして買ってみると良いかもしれません。

3回に分けて買うには、対象の銘柄に対して投じようと思っている資金を3分割にする必要があります。

例えば、300万円をソフトバンクグループに投資しようと考えていた場合なら、100万円分を一つのロットとして考えます。

また時間軸ですが、スイング投資の場合、つまり数日〜1週間ほどの保有期間の場合は1日〜数時間の時間軸をズラすイメージで買いを進めると良いと思います。

つまり、1日目に100万円、2日目に100万円、3日目に100万円の合計300万円を3日に分けて買ってゆくということです。

3回に分けて株を購入する例

例えばソフトバンクグループを買おうと思った場合に、ベストなタイミングが来たと思ったら、まず100万円分だけを購入してみます。

この後にすぐあがればそれはそれでOKですが、大抵は予想と反して値下がりしてしまうものです。株価が8000円の時に最初の100万円を買って、さらに株価が下がり翌日7800円になったとします。

このタイミングで2回目の100万円を購入します。

すると平均取得単価は、

  • 8000円で100万円
  • 7800円で100万円

購入しているので結果として、7900円で200万円買えたことと同じ意味になります。

翌日も同じ価格の7800円で停滞してたとすると、ここで最後の100万円を買えば、平均取得単価は、

  • 8000円で100万円
  • 7800円で100万円
  • 7800円で100万円

となるので、7867円で300万円買えたことになります。

翌日やや反発して、7900円に株価が戻った場合、すでに含み益の状態となることがわかります。

一方初日の8000円の時に300万円分購入した場合は、株価はまだ7900円なので、含み損の状態となっています。

この例からもわかるように時間軸をズラすことで株価の変動を吸収し、より有利な取得単価を実現することが可能となります。

もちろんこの方法はナンピン買いとも言われ、このまま反発せずに下がり続ける場合は莫大な損となるので、銘柄の選定をしっかり行い、あるラインでロスカットを行うとあらかじめ決めておく必要があります。

2:成行は極力使わない

2つ目のテクニックは成行買いを極力使わないとうことです。

成行を使わず、指値で株を買うようにするべきであるということです。

最近はアルゴリズム投資などを行なっている投資機関もあり、成行で買うと一瞬で値が釣り上がってしまい、予想以上に高値を摑まされてしまうということが多々あります。

また、特に寄付きの成行買いは逆方向に一度ゆくことが多いので、個人的には控えるようにしています。

寄付きの売買は成売のみ

基本的には寄付で売買する場合は、既に保有している銘柄がギャップアップして寄りついた場合に寄りの成行売りをするくらいで、時と場合にもよりますが、個人的にはあまり寄りで買うことはありません。

寄付き後の30分間でデイトレをする方が多いとよく聞きますが、この価格がよく動く30分間のデイトレの利益は、寄りの不利な位置で成行購入した人の分のサヤだと考えられるので、指値をお勧めします。

3:1回目の損切りラインで直ぐに切らない

3つ目は損切りラインですぐに切らないというものです。

損切りラインにきたら安全のため逆指値で損ぎりを行うと本などにも買いてあると思います。

ただ、これは機関投資家や大口のトレーダーのカモになりやすいのでお勧めしません。

逆指値狩りは大口投資家の利益になる

逆指値狩りという言葉がありますが、大口投資家の利益は個人投資家の損切りでさらに大きくなるようになっています。

個人投資家が損した分、大口の投資家が安いところで購入できるので、個人からマーケットメイクしている大口に資金が流れていると言えます。

もちろん損切りをしないと莫大な損失になってしまうので、必須ではありますが、一瞬損切りラインを割ったからといって自動的に逆指値をしているとなかなか値幅を取ることができないので、損切りラインを明らかに割り込んで戻らない場合のみロスカットを行うという方法がよろしいかと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は株式取得の際のテクニックとして3つご紹介しました。

まとめると、3つの投資テクニック内容は以下です。

  1. 取得単価が下がるように3回に分けて買う
  2. 成行は極力使わない
  3. 1回目の損切りラインで直ぐに切らない

ぜひこれらを生かして投資利益を最大化しましょう。